「返報性の法則」でいい男と結婚する

人間関係は「GIVE&TAKE」が大切です。

それは結婚に限らず、友達関係でもビジネスでも同じ。

あなたは結婚相手のために何を与えることができますか? 何ができますか?

「スマートにエスコートしてほしい」「○○をプレゼントしてほしい」「豪華なディナーを奢ってほしい」など、「TAKE」ばかりを考えている女性は、残念ながら、同じように、「TAKE」を求める男性を引き寄せます。

「男性に幸せにしてもらいたい」とばかり考えている女性は、本物のイイ男は手に入れられません。また、健全な「GIVE&TAKE」の相関関係が成り立たない関係は、長続きしません。断言します。

賢くて誠実な男性は、「若くてバカな女がいい」なんていわないんですよ。

近ごろでは、年収1000万円以上でも共働きを望む男性もいます。年功序列や定年退職という価値観は日本でも薄れ始め、大企業でも倒産する時代です。未来永劫安泰な仕事なんて、今や夢の話。

だからこそ年収1000万円であっても、共働きをすることでリスクの低減を望むわけですね。いざというときは「妻が稼いで家計を支える」。このぐらいの覚悟がある「保険になる女」が求められている。

もちろん、「専業主婦がいい」という価値観の男性もいますが、「専業主婦=ラク」という考えは安易すぎます。

たとえば、仕事が忙しいために妻に専業主婦を望む男性であれば、家事の分担や育児のサポートはほとんど望めず、生活費には困らなくても、まるでシングル家庭状態になる可能性もあります。専業主婦になるならば、専業主婦としての貢献を要求されて然るべきだと心得ましょう。

そんなわけで、「男の金でラクがしたい」という安易な考えだけでは、期間限定の遊び相手にはなれても、生涯の伴侶としては選ばれません。

相手からもらうことを考える前に、「あなたから与える」。これも重要なポイント。

人の心理は面白いもので、「クレクレ」といわれればいわれるほど、あげたくなくなる天の邪鬼なところがある。

反対に、相手が見返りを求めずにしてくれた好意には、お返しがしたくなるものなのです。たとえどんなに小さなものでも、それこそ、追いかけてでもね。この心理法則を「返報性の法則」といいます。

返報性の法則とは、「好意には好意で報いる」「受けた恩は必ず返す」「相手がそうくるなら自分もそう返そう」といった行動に見られる、もらいっぱなしの状態に居心地を悪く感じる心理のこと。お返しをせずにはいられない心の法則。

「海老で鯛を釣る」とはよくいったもので、大物(イイ男)を捕まえたい婚活女子には、小銭をバラまくことをおすすめします。

お食事をご馳走になったなら、2軒目のお茶代は率先して払う。

「ごちそうさま」という爽やかなお礼も忘れずにね。いつものお礼と称して、心がホッと和むミニプレゼント(1000円以下)を渡してみる。

デートの帰り際に翌日の朝ごはんを買って持たせたり、地方に行ったら、お土産を買ってきて、さりげなくプレゼントしてみたり。読書好きな彼には自分が読み終わって面白かった本をプレゼントして、内容についてディスカッションに花を咲かせたり。その効果は抜群で、私の場合、お返しにシャネルのバッグをいただいたり、ヴァンクリーフ&アーベルのネックレスをいただいたことも。

「ねだらず、まずは自らが与えること」これが貢がれる女の処世術であります。

誠実で善良な男ほど、この「返報性の法則」、自然とわき上がる心理状態を無視できないもの。目の前の男が本物のイイ男がどうか見極めるためにも、小銭をバラまいてみてね。

イイ女は気高く、「媚びない」「追わない」「ねだらない」。

そして「小銭をバラまく」。忘れないでください。

 

「贅沢」が垣間見える女は選ばれない

実は、お金持ちほど、ゴージャスできらびやかな女を、生涯の伴侶として選びません。

なぜなら、「お金持ちほどケチ」だから。彼らは、浪費をもっとも嫌います。

そもそも「お金持ちが、なぜお金持ちなのか?」といえば、稼ぐ力量があることに加え、貯蓄と資産運用の才能があるから。

だから、血と汗の結晶である資産を湯水のごとく浪費しまくる妻なんて、最悪なんです。全身ブランドづくしで、やたらと高級ワインに詳しかったり、SNSへの投稿が豪華ディナーのオンパレードだったり……。

いい男性が結婚を決意するときに抱える不安の1つが「妻の浪費癖」なのです。

こうした贅沢臭はマイナス要因となりますので、やめましよう。

ただし、それは「自己投資をしなくてもいい」「女磨きをサボってもいい」という意味ではありません!

「女磨きの努力に、お金がかかっていることをにおわせるな」という意味です。

ちなみに、私はどうしていたかというと、頻繁に美容院へ通い、歯のホワイトニングをして、美容皮膚科で施術を受け、各種セミナーに通い、読書に励むなどなど、自らの土台を磨くことに関しては莫大な投資をしていました。

その一方で、お洋服はプチプラなものをうまく使いこなしていましたし、ブランド品の類い、華美なアクセサリーなどは身につけませんでした。

実際、婚活していた時期はOLとして得ていた月給を丸ごと使い切っており、貯金が全然できないほど自己投資をしておりましたが、男性からは、とっても質素で倹約家な女に見えていたようです……。

男は服装や持ち物など、わかりやすく目に見えるものでしか贅沢臭を察知することができません。ツヤツヤの髪や、美しい肌、白い歯にお金がかかっているなんて、いわなきやわかりませんから♪

さらに加えると、私は健康と節約のために毎日お弁当を持参して出社し、平日の合コンやデートには、お弁当箱をさりげなく見せて、「家庭的な女」をアピールするあざとさも持ち合わせておりました。しかも、どうしても朝つくれなかったときは、なんと空のお弁当箱を持参したことも……。

会社ではコンビニ弁当を食べていたとしても、外出先では「毎日お弁当をつくってます」というプランティンク戦略(魅せ方)に余念がなかった。

極論、「結婚」なんて、男と女のばかし合いよ(半分冗談、半分本気……)。

男の不安を誘発しかねない「贅沢臭」は消して正解です!

 

結婚したいなら「本音」は絶対に明かさない

狙っている男には「リッチな人と結婚したい」っといった本心は、少しでも悟らせてはいけません。「あなたの内面が大好きなの」「あなたが貧乏になってもずっと愛し続ける」という姿勢を、貫き通すことが大事です。

褒める場合も、彼の社会的地位や高学歴にはスポットを一切当てず、あくまでもルックスや性格、センスなど、人間・男としての価値を褒めておいたほうがいい。

そして、周りの女友達にも玉の輿願望を公言してはいけません。絶対に!

女というのは笑顔で殴り合う生きものですからね~♪ そんな本音を不用意にもらそうものなら、どこで足をすくわれるかわかりません。婚活仲間は戦友でもありますが、同時にライバルでもあります。

だいたい、あなたが「いいな」と思う男性は、ほかの女性も「いいな」と思っていることが多く、水面下では弱肉強食の奪い合いが起こっているものです。

「そういえば、お金持ちと結婚したいって、いつもいってるよね~」なんて意中の彼の前でライバル女子にポロリとこぼされてしまえば、あなたの評価は一気にダウン。

だから、女友達に紹介を頼むにしても「お金持ち」や「経済力」というキーワードを使わないこと。

そんな注文をつけなくてもすむよう、紹介は高スペック女子やセレブ妻、絶世の美女など、「頼む相手」を選べばいいのです。

なぜなら、「類は友を呼ぶ」ものなので、具体的なリクェストなんかしなくても、自動的に彼女だちと同レベル(高スペック男性)を連れてくる可能性が高いから。

リクエストするなら、人間性や見た目の好みなどにとどめておきましょう。

 

婚活で印象をよくするのはこれ!

結婚をしたいと思った時、相手を見つけることが大事です。
そしてその相手の人と、上手く行くようにお付き合いをすることが必要となりますね。
そんな時、男性の場合はそのままでいるよりも、相手の女性に対して気を付けると、より上手く運ばせることができます。
その内容について、まとめてみました。

・身だしなみに気を付ける
仕事をする時など、身だしなみを気をつけることはとても大切なことですね。
婚活においても、第一印象をよくすることが大事なので、その点では身だしなみを気を付けることが重要となります。
その時、やっぱり一番として綺麗にすることなのです。
綺麗に見せるというのは、とても大事です。
それはイケメンでなくてもいいのです。
清潔感を持つことが重要ということなのです。
仕事をするときに、きちんとした洋服をきることと同じように、清潔感のある洋服にします。
また髪の毛や髭など、特に注意をしましょう。

・人が嫌がることを言わない
人が嫌がることを話すと、相手の女性に嫌われてしまいます。
その嫌がることというのは、不愉快になってしまうようなことなのです。
例えば人の悪口などは、聞きたくないですね。
そんな風に、自分嫌と思うことを、相手にしない、話さないことが大事です。

・緊張しない
あまり女性と付き合ったことがない人は、あったときに緊張をすることがあります。
その時、緊張度合いがひどいと、相手の人がびっくりすることがあります。
そして少しひいてしまうこともあるのです。
そのため、リラックス出来るように、会う前に深呼吸をする、運動をして筋肉を緩めておくなどするといいですね。

・笑顔を大切にする
笑顔の多い人は、とても印象がいいです。
男性だって、笑顔の多い女性が好きですね。
そのことと同じように笑顔を、作ります。
笑顔に自信がないという人は、鏡で練習をすることをおすすめします。
そのことは、一生使うことができる財産となるのです。
仕事をする時にも、使うことが出来ます。

それ以外の婚活に大切なポイントはここのサイトが参考になります。 広島婚活.net

 

結婚したいなら欲望をむき出しにしてはいけない

運命的にめぐり合った理想の男性と親しくなり、会話も気軽にできるようになると、あなたは必ず「結婚」の2文字を意識するようになります。

まちがいありません。だってそれが目的ですから。

ただし、どんなに親しくなっても、相手の価値観を理解できなければ、いつまでたっても「仲のいい友達」からぬけ出すことはできません。あなたがしているように、彼も「この女と結婚していいのかどうか」をしっかり見極めようとしています。

だから、彼らの価値観にマッチした女を演出する必要がある。

ここからは、いい男性が望む「理想の結婚相手」とはどのようなものなのか、どうしたらプチリッチ男性に必要とされ、好かれるのかを考察していきます。

虎視眈々と玉の輿を狙うあなたは、十分すぎるぐらい欲深く、決して無欲な人間ではありません♪

でもね、その「野心」はあなたの心の中だけにしまっておきましよう。特に、玉の輿婚を目論むなら、本音と建前を上手に使い分けることも重要です。

「私、お金持ちと結婚したいの」なんて告白するのは、愚の骨頂。

お金持ちの男性は、お金目当てで近づいてくる女性を警戒しています。玉の輿狙いの女にまんまと騙された結果、お金を持っていかれてしまう、散財されてしまう……。自分は賢いと自負している彼らにとって、こんなに屈辱的なことはありません。

さらに彼らは、「金の切れ目が縁の切れ目」となって捨てられることも恐れていて、目の前のすべての女性に「僕のスペックしか見ていないのでは?」と、不安と疑いの目で接していることもあります。

実際、お金があるとわかったとたんに態度が豹変したり、あからさまに近づいてきたりする女性は多いため、警戒せざるを得ないのです。

また、稼ぐ男には、人並み以上のコミュニケーション能力や洞察力が備わっていることが多く、ちょっとした会話から人の本音を見透かすこともあるので、注意が必要です。

確かに手強いですが「玉の輿」をあきらめる必要はありません。

だって、デート費用はきっちりワリカンで、あわよくば「女に払わせようとする男」と、「一生懸命働いてお金を稼いで、おいしい食事をご馳走し、プレゼントを贈って喜ばせようとしてくれる男」がいたら、どちらに魅力を感じますか?

私なら後者に、男気も魅力も感じます。

玉の輿婚をするために必要なこととは、「私は無欲です」という姿勢を最後まで演じ切ることです。

高いレベルでの清廉性をキープし続けることなのです。

 

添えるメッセージでいい男の心を掴む

お誕生日&クリスマスプレゼント、バレンタインデー、日ごろのちょっとしたお礼などなど、彼に何かを渡すときに、必ず添えるべきものがあります。

それは手書きのメッセージカード。

そして、そこにしたためる「言葉H気持ち」の書き方がとっても大切なんです。

長文のお手紙では重すぎる場合がある。また、長文になればなるほど、論点が分散しがちで一番に伝えたいことが伝わらなくなってしまう危険も。かといって短すぎても味気ない。だから、3~5行程度に凝縮することをおすすめいたします。

ヘンに凝ったメッセージではわかりにくいし、ポエムになってしまっても痛い。

だからといって、ありきたりなのもつまらない。

相手のことを、とことん考えること。相手がほしい言葉を模索すること。そして、愛と感謝とユーモアで満たされた「数行」に命を吹きこむ。

さらに、メッセージカードは相手の手元にも残るもの。ふとした瞬間にあなたを思い出させるかもしれない。そして、デジタルツールが当たり前になった時代だからこそ、メッセージカードや手紙などのアナログなコミュニケーションが輝きを増し、相手の心を大きく動かす。実に活用しがいがあるわけです。

ポイントは、「好き」「愛してる」「会いたい」などのストレートな表現は重くなるので避け、なるべく軽やか&爽やかに気持ちが伝わるメッセージにすることです。

また、下手でもいいので、手書きのイラストや顔文字をプラスするとなお良し!

モノより、デジタルより、渾身の「アナログメッセージ」こそ心に剌さるのです。

そして、フェイスブックやLINEなどのソーシャルメディアで、やってしまいがちな以下の行為はすべて婚活女子がやってはいけない禁止事項です。

 

・頻繁にタイムラインへ投稿しまくる。
・女友達に向けて、リア充アピールするための贅沢自慢投稿。
・「いいね」のムダ打ち。
・「チェックイン」で今いる場所を伝える。
・気になる男性の投稿に即レスする。

 

人は一緒にいられない時間は、気になる相手が何をしているのか想像して、思いをつのらせるものです。そう、相手に妄想させることが、モテの秘訣です。

そして贅沢自慢をするだけの投稿は、「金のかかる女」と認定されるだけで、何の役にも立ちません。

フェイスブックも、LINEも、自分アピールのツールにしてはならない。これ鉄則です。

メッセンジャー機能やチャット機能をコミュニケーションツールとして利用するだけにとどめましよう。

モテる女は、ミステリアス。それはインターネット上でも同じことなのです。

 

モテるメールのポイント

さて、恋愛のコミュニケーションにおいて、今の時代、忘れてはいけないのがメールやインターネットでのやりとり。面と向かって会えないときでもコミュニケーションが取れるので、これらが結婚という成果を得るために果たす役割も、非常に大きくなっています。

こうしたツールを婚活コミュニケーションに利用する際のポイントを確認しておきましよう。

モテる女のメールとは、シンプルかつ、用件が簡潔に書かれているものです。

上級者になると、ホッと心がなごみ、思わずフッと笑ってしまうユニークなこ言を添えています。

反対に、モテる女が絶対に送らないメールとは?

だらだらと続く長文メールと、日常をただ報告するだけの日記メール。

なぜかって? 重いからです。いつの時代も重い女はモテません。

男にしてみれば、長文メールに1行で返信するのも心苦しい。まるで日記のようなメールをもらっても、読書感想文を求められているようで、なんかイヤ。

「?」が大量についた質問オンパレードのメールの返信は、1つひとつ質問を見返しながら、きちんと返答するのが面倒。最後はヤケクソになって画面を閉じてそのままにしてしまう……。忙しい男性ほど、ありがちな話です。男をげんなりさせるこうしたメールを送ってはいけません!

ちなみに、モテる女は男のメールなど待ちません。ほかの誰かと会っているときはスマホを見ないし、自分の都合でしか返信もしない。そして、結構忙しかったりもする。

だから、必然的にメールの返信はランダムになる。全部に即レスしてるようでは、ヒマな女=モテない女。

軽やかなメールを気まぐれに送るから、男性の興味を引くのです。

 

婚活でいい雰囲気を作るテクニック その③

精力的に婚活にいそしんでいると、ガクッと肩が落ちる出来事に山ほど遭遇します。お金と時間をドブに捨てているような合コンに参加することになったり、ワリカン男子にガッカリしたり、「稼ぐ女が好き」なんて告白してくる年下イケメンヒモ男にげんなりしたり……。

だけど絶対に「不機嫌」になってはダメ。少なくとも表情や態度、言葉づかいに不機嫌さを出してはいけません。

ネガティブオーラを発するようになれば、良いご縁には恵まれなくなるからです。

不幸オーラが漂う人には幸薄めの人が、ポジティブな人には明るく運の良い人が引き寄せられるようになっています。

つまり、イイ男は不機嫌な女には近づかない。

思わず愚痴りたくなる出来事に遭遇しても、「勉強になった!」とサラリと受け流す「スルーする力」も必要。

いつでもご機嫌な女に、恋の女神は微笑むのです。

そして、男は、与えたがりな生きものです。

デートだって、自分が楽しむことよりも、彼女が喜んでくれることを期待しています。プレゼントだって、彼女に喜んでほしくて一生懸命選ぶんです。だから、

「こんなのはじめて!」

「わぁ! すごい!」

「ありがとう! すごくうれしい!」

という3つのキーワードを上手に駆使して、目をキラキラさせながら全力で喜んで見せましょう。

一生懸命にプレゼントやデートを用意した彼に対する、最高のリアクションになります。

彼のせっかくの誠意に対し、「このお店3回目なんだよね」「これ持ってる」「ムダづかいしないほうがいいよ?」なんて返したら、必ずがっかりさせてしまいます。

これは、「ウソをつく」というわけではなく、男性からの誠意に対しては、誠意で対応しましょうということ。

あなたが喜ぶことで、彼のどんな苦労も報われる。それどころか「苦労した甲斐があった!」なんて心地良い疲労感に酔いしれるもの。男は単純だから、「次はどうやって喜ばせようか?」なんてワクワクするはず。

ちょっとくらい期待外れなプレゼントでも、喜ばせようとしてくれた彼の好意をくみ取って、最大限の感謝の気持ちで応えましょう。

 

婚活でいい雰囲気を作るテクニック その②

デートは、少し物足りないぐらいのところで切り上げるが勝ちです!

「もっと一緒にいたい」「もっと見つめ合っていたい」「時間よ止まれ~」と切に願ってしまう乙女心も理解できますが、ここはグツと我慢をして、次回につなげるのがイイ女。

テレビドラマって、すごくいいところで終わるでしよ? だから、次回も逃さず観る。デートも同じことです。

女性からデートを切り上げるからこそ、男性の心に余韻が残る。

1回目のデートは、終電ギリギリではなく10時ぐらいでお開き。

2回目のデートは、最低でも終電で帰る。

セックスまで持ちこむのは、4回目以降のデートから。

古典的ですが、このぐらい堅い女のほうが「幸せな結婚」にたどり着く確率が上がります。「安い女」「簡単な女」に成り下がらないことが、あなたに対する相手の欲求を高めることになるのです。

「視線」でときめかすことも重要です。

「目は口ほどにものをいう」っていうでしょ?

下から見つめる、流し目で見る、目が合ったら微笑む。3秒見つめて視線をそらす。話を聞くときは相手の目の奥を愛おしそうに見る……。そんなアイコンタクトをきちんと取ってみましょう!

恋愛下手な人ほど、好きな人を目の前にすると、恥ずかしくて視線をそらしてしまいがちですが、それでは何も伝わりません。

男は女の「視線」に驚くほど弱い。視線にときめく生きものです。それまで意識していなかったとしても、彼女からの視線に気づいた瞬間、急に気になり出してしまうんだから。

合コンや婚活パーティーで、遠くに気になる彼がいたなら、チラチラ視線のラブコールを贈りましょう。

彼がどこにいようが、あなたの半径10メートル圏内に入ったら勝負は始まっているのです。

声もかけずに、視線だけでときめかせることも可能なのです。

気になる男性は、さりげない視線で誘惑しましょうね!

 

婚活でいい雰囲気を作るテクニック その①

コミュニケーションと聞いて「会話」しか思い浮かばないあなたは、まだまだ修行が足りない。何気ないしぐさ(と男性は思っている)や、女性特有の雰囲気を、戦略的に使ってこそ、あなたと彼との仲は深まります。

言葉で「結婚してほしい」と伝えるのは最後の手段。その前に、以下に紹介するいろいろなしぐさであなたの気持ちをアピールし続けてみてください。

ぶりっこで何が悪い! 計算高くて何が悪い!

何だかんだいっても、そういい切ってしまうぐらいの「したたかな女」が最後に勝ちます。どんなにあざとくても、女子から反感を買っても、可愛いものは可愛いのです!

誰かに好きになってもらおうと思ったら、努力が必要です。

 

・愛嬌を振りまく。
・無邪気に近寄る。
・いたずらっぽく上目使いで見つめてみる。
・メールにハートマークをつける。

 

どれもささやかなことですが、できるか否かで結果は大きく変わります。確実にね。そんなのイヤだとか柄じゃない、なんていっている場合ではないのです。

「ありのままの自分の魅力を誰かに見つけてほしい」と願うのは甘えでしかありません。今まで自然体でやってきて通用していないのなら、努力するしかないでしょ。

バリバリのキャリア女子達、忙しい仕事と日々のストレスだけでいっぱいいっぱいになっている場合じゃありませんよ!。

人見知り女子の人達も、「突然キャラを変えることなんて無理!」なんて甘いことを言っている時じゃありません! そんなのいいわけにしか聞こえません。

キュンとしてもらうために、相手の心を読んで試行錯誤を繰り返す……そんな練習をしているうちに、いつの間にか「自然体ぶりっこ」に変貌を遂げているはず!

血中小悪魔濃度を上げていきましょう。

そして、あえて「隙」をつくることも大切です。「隙」とは、一言でいうなら「親近感」。しっかりしていそうに見えて、たまにケアレスミスや忘れ物をするとか、コケるとか、ぬけているところがある。まちがいに気づいて「テヘツ」といたずらっぽく首をすくめる姿がなんだか愛らしい。

ガッチリガードの堅い女よりも、お酒に酔ったら(いや、酔ったフリをして‥)、ちょっと肩に寄りかかって男心をドギマギさせちゃう。

いつも二コニコしていてなんだか楽しそう、ちょっとぐらいのことは大らかに許してくれそう、そんな雰囲気に男性はホツとするものなのです。

頑張らなくても落とせる軽い女には、いい男性はそそられない。

「隙」があるけど、肝心なところでなかなか落ちない「ちょっとだけ頑張りたくなる女」にこそ、いい男性は夢中になるのです。