月別アーカイブ: 2017年4月

婚活でいい雰囲気を作るテクニック その②

デートは、少し物足りないぐらいのところで切り上げるが勝ちです!

「もっと一緒にいたい」「もっと見つめ合っていたい」「時間よ止まれ~」と切に願ってしまう乙女心も理解できますが、ここはグツと我慢をして、次回につなげるのがイイ女。

テレビドラマって、すごくいいところで終わるでしよ? だから、次回も逃さず観る。デートも同じことです。

女性からデートを切り上げるからこそ、男性の心に余韻が残る。

1回目のデートは、終電ギリギリではなく10時ぐらいでお開き。

2回目のデートは、最低でも終電で帰る。

セックスまで持ちこむのは、4回目以降のデートから。

古典的ですが、このぐらい堅い女のほうが「幸せな結婚」にたどり着く確率が上がります。「安い女」「簡単な女」に成り下がらないことが、あなたに対する相手の欲求を高めることになるのです。

「視線」でときめかすことも重要です。

「目は口ほどにものをいう」っていうでしょ?

下から見つめる、流し目で見る、目が合ったら微笑む。3秒見つめて視線をそらす。話を聞くときは相手の目の奥を愛おしそうに見る……。そんなアイコンタクトをきちんと取ってみましょう!

恋愛下手な人ほど、好きな人を目の前にすると、恥ずかしくて視線をそらしてしまいがちですが、それでは何も伝わりません。

男は女の「視線」に驚くほど弱い。視線にときめく生きものです。それまで意識していなかったとしても、彼女からの視線に気づいた瞬間、急に気になり出してしまうんだから。

合コンや婚活パーティーで、遠くに気になる彼がいたなら、チラチラ視線のラブコールを贈りましょう。

彼がどこにいようが、あなたの半径10メートル圏内に入ったら勝負は始まっているのです。

声もかけずに、視線だけでときめかせることも可能なのです。

気になる男性は、さりげない視線で誘惑しましょうね!

 

婚活でいい雰囲気を作るテクニック その①

コミュニケーションと聞いて「会話」しか思い浮かばないあなたは、まだまだ修行が足りない。何気ないしぐさ(と男性は思っている)や、女性特有の雰囲気を、戦略的に使ってこそ、あなたと彼との仲は深まります。

言葉で「結婚してほしい」と伝えるのは最後の手段。その前に、以下に紹介するいろいろなしぐさであなたの気持ちをアピールし続けてみてください。

ぶりっこで何が悪い! 計算高くて何が悪い!

何だかんだいっても、そういい切ってしまうぐらいの「したたかな女」が最後に勝ちます。どんなにあざとくても、女子から反感を買っても、可愛いものは可愛いのです!

誰かに好きになってもらおうと思ったら、努力が必要です。

 

・愛嬌を振りまく。
・無邪気に近寄る。
・いたずらっぽく上目使いで見つめてみる。
・メールにハートマークをつける。

 

どれもささやかなことですが、できるか否かで結果は大きく変わります。確実にね。そんなのイヤだとか柄じゃない、なんていっている場合ではないのです。

「ありのままの自分の魅力を誰かに見つけてほしい」と願うのは甘えでしかありません。今まで自然体でやってきて通用していないのなら、努力するしかないでしょ。

バリバリのキャリア女子達、忙しい仕事と日々のストレスだけでいっぱいいっぱいになっている場合じゃありませんよ!。

人見知り女子の人達も、「突然キャラを変えることなんて無理!」なんて甘いことを言っている時じゃありません! そんなのいいわけにしか聞こえません。

キュンとしてもらうために、相手の心を読んで試行錯誤を繰り返す……そんな練習をしているうちに、いつの間にか「自然体ぶりっこ」に変貌を遂げているはず!

血中小悪魔濃度を上げていきましょう。

そして、あえて「隙」をつくることも大切です。「隙」とは、一言でいうなら「親近感」。しっかりしていそうに見えて、たまにケアレスミスや忘れ物をするとか、コケるとか、ぬけているところがある。まちがいに気づいて「テヘツ」といたずらっぽく首をすくめる姿がなんだか愛らしい。

ガッチリガードの堅い女よりも、お酒に酔ったら(いや、酔ったフリをして‥)、ちょっと肩に寄りかかって男心をドギマギさせちゃう。

いつも二コニコしていてなんだか楽しそう、ちょっとぐらいのことは大らかに許してくれそう、そんな雰囲気に男性はホツとするものなのです。

頑張らなくても落とせる軽い女には、いい男性はそそられない。

「隙」があるけど、肝心なところでなかなか落ちない「ちょっとだけ頑張りたくなる女」にこそ、いい男性は夢中になるのです。